副業を極めたい金融マンげんのブログ

宅建持ちの現役金融マンです。バス釣り、スロット攻略、ネットビジネス、資産運用などについて参考になるブログを書いています。

MENU

『プルデンシャル生命にスカウトされてきた話』年収について詳しく考えてみた


スポンサードリンク

おはこんばんちは、げんです。
CIP3を終え、真剣にプルデンシャルへの挑戦を考えている今日この頃です。
魅力はやはり高所得と出勤日が週2の午前だけってとこでしょう。
リスクは、顧客獲得が難しいことと、固定給が無いことでしょう。

じゃあ、実際に現職とプルデンシャル、どれくらい違うのか計算してみました。

 

 

 

 

 

現職の状況

 


年収約500万
副業約250万
合計750万

 

 

手取りは平均くらいでしょう。
副業のおかげでゆとりを持てている、くらいの収入です。

 

プルデンシャル生命の2年間

 


2年間は研修期間で、どれだけ契約を取っても上限があります。
上限を溢れた分の収入は、研修期間終了後にまとめて入るとのことですが、かなり取ってもそんなに溢れはしないとの情報なので、無しとします。

 

1年目約1000万
2年目約1500万

 

で、この中からランニングコストがかかります。
経費ですね。
これが大体3分の1とか半分とからしいんですが、ガソリン代などサラリーマンが給料の中から出しているものも含まれますので、3分の1とします。

 

1年目約650万
2年目約1000万
3年目以降は出来高

 

対比

 


現職約750万
プル1年目約650万
プル2年目約1000万

 

 

なるほど、大差無いですね。
私が副業でそれなりに稼いでるって要因も大きいですけど。
逆に言えば、副業を持ってない同僚だとかなり裕福になりますね。

では次に、時間を見てみましょう。

 

 

現職

 


出社8時半頃
退社5時半頃
拘束時間約9時間
週5日勤務
週拘束時間45時間

副業 21時頃まで

 

 

プルデンシャル

 


出勤日が月曜と木曜のAM
週拘束時間約10時間
営業活動時間ほぼずっと
休みに顧客から連絡あることも

 

対比

 


こっちも大差無いですね。
現職は勤務時間が決まっているとは言え、副業すれば休み無く21時まで仕事。
プルデンシャルは勤務時間の拘束時間は圧倒的に少ないですが、事実上毎日仕事で、終了時刻も無く日をまたぐこともあると聞いています。
日をまたがない分、現職のほうがましですね。
副業は業務ではないからタバコ吸えるしスマホいじれるし気遣いも要らないので業務環境は優良ですし。

 

 

まとめ

 


やはり、私にとっては現実的に現職のほうが有意義ですね。
出世すれば給料増えますし。
ただ、現職は衰退産業であり、金融機関の営業は10年後に無くなる職業ランキングで栄えある第2位だったことを踏まえると、複雑なところでもありますね。

プルデンシャル生命にスカウトされてる方、コメントお待ちしてます。

 
 

以上です。

あくまで、個人の考えですので参考程度にしてください。


ご愛読ありがとうございました。