副業を極めたい金融マンげんのブログ

スロット攻略、ブログ収益化、バス釣り、自宅飯の料理、小説について公開しています。

打たずに帰る勇気を持てればスロットで勝てる『今日の実践』6月23日(日)

おはこんばんちは、弦之助です。

今日はこんな時間に入店になってしまいました。

ストレスマックスです。
とは言え、グチってても仕方ないので期待値を取りに行きましょう。

資本主義において、金より信頼出来るものなど無い。

異論は認めない。

19時4分

入店。
即難民w

もうダメだ。
喫煙所直行。
疲れ切ったサラリーマンの背中で一服します。

どうしよっかな。
帰ろうかな。
とりあえず読者登録した人のブログ見たらまた一周します。

なんも無いw
どうしよう。

19時48分


いやぁー困ったっすねー。

何も無いw
うん、善戦はした。
頑張って歩いた。

打たずに帰る勇気も必要だ。

さすがにこの時間から524Gの凱旋打つわけにはいかないし。

真面目な話


台を打たずに帰る。
これってスロットで稼げるようになるための第1ステップだったりします。
もちろん、期待値がある台は打つべきです。
ただ、打つ台って無い時は本当に無いんですよね。
そんな時、勝てない人はこう思うんです。

「せっかく来たんだし、なんか打たなきゃ勿体ない。
「この台ちょっとデータ弱いけど、設定ありそうな気がする。
いや、あるに違いない。
この台、おれを呼んでる。

そして、打つんです。
打っちゃうんです。
期待値が無い台を。
負け確定の台を。

だから、期待値がある台が無い時は、打たずに帰ることが大事です。
どうしても打ちたければ、待つ、または店を移動する。
で、期待値がある台のみを打つんです。

いいですか、打たずに帰る勇気
これが勝てるスロット打ちの第一歩です。

え?私は帰りたいからそう言ってるだけだって?

そ、そそ、そんなわけないじゃないですかぁー。(焦)
今日は、そう、おれを呼んでる台が無かったから帰るんです。
いや、冗談です。

ってことで今日は打てませんでした。
今日もお疲れ様でした。