副業を極めたい金融マンげんのブログ

スロット攻略、ブログ収益化、バス釣り、自宅飯の料理、小説について公開しています。

「バス釣り」下手っぴでも釣れるダウンショットおすすめワーム5選!

バス釣りでワームを選ぶとき、数が多すぎて悩む方、多いんではないでしょうか。

それもそのはず、色やサイズも考えたら星の数ほど種類がありますからね。

ワームには、どんなリグ(仕掛け)で使うのかによって適した形があるので、リグを決めてから選ぶと決まるのが早くなります。

この記事では、ダウンショットリグでおすすめのワームを5つ紹介します。

数が多すぎて悩む。っていう悩みはここで解消しちゃってちょ。

 

 

 

 

ダウンショットとは

 

 

ワームの紹介をする前にダウンショットについて説明します。

 

 

①リグの特徴

 

針の下に重りをつけたリグです。

 

針はオフセットフックを使う場合とマス針を使う場合があります。

引っ掛かりそうな場所を狙いたいときはオフセット、フッキングが決まりやすいほうが良いときや、よりワームの動きを良くしたいときはマス針を使うといいかも。

 

重りはつけばなんでもOK。

個人的にはスピニングで使うときは1/16オンス、ベイトで使うときは3/4オンスを使っています。

 

この記事では、マス針を使うときのおすすめワームを紹介していきます。

なぜマス針なのか。

それは、喰わせ性能が最強だからです。

オフセットフックよりもマス針のほうがワームの自由度が高く、よりなまめかしい動きをします。

マス針ダウンショットは全リグ最強の喰わせリグだと思います。

 

 

②使いどころ

 

なんとか1匹釣りたい!っていうときの最終兵器として、他の釣りをやりつくして万策尽きた時に使いましょう。

特に巻き物をやって釣れなかった時には、対極に当たるスローな釣りになるので期待できます。

 

マス針セッティングの場合、堰堤の岸際やブレイクなど根掛かりリスクが少ないポイントに使うといいです。

 

 

③アクション

 

ピンポイントで狙ったところを無限にシェイクしても良し。

ゆっくり巻いて底のちょっと上を引いてきても良し。

強めにしゃくって放置、強めにしゃくって放置を繰り返しても良し。

巻いて止めて、巻いて止めてを繰り返しても良し。

ぶっちゃけなんでも釣れる。

 

基本的にボトムのちょい上を探る釣りなので、表層を狙いたいときは別のリグを使ったほうが良いでしょう。

 

 

マス針セッティングのダウンショットおすすめワーム5選!

 

お待たせしましたおすすめワーム紹介の時間です。

マス針の特性を活かし、極限まで喰わせ性能に特化したワームを紹介します。

まずはこちら。

 

 

①Viva サターンワーム(Viva?)

 

 

まずはサターンワームから。

サターンワームの魅力は圧倒的な喰わせ性能と、その安さ。

新品でも250円くらいで買えます。

通常のRと、太めのファットがありますが、どっちでも釣れます。

カラーバリエーションが豊富なので、自分がよく行く池の水の色で決めましょう。

 

アクションも簡単。

マス針にチョン掛けし、底まで沈めます。

重りが底まで沈んだら、ワームがゆっくり底まで沈んでいきます。

この時点でバスがいたら釣れますw

5秒くらい待って当たりが無かったら、ちょんちょん動かします。

小さく動かすだけでいいので、重りは引っ張らずにワームだけ動かすくらいの優しさで動かします。

少し動かしたらまた5秒くらい待ちます。

反応が無ければまたちょんちょん。

5秒待ち。

これで釣れなかったら少し巻いてまた5秒待ち。

ちょんちょん、5秒待ち。

 

これで釣れなきゃそこにバスはいませんw

 

 

②カスタムリーチ(KEITECH)

 

ダウンショットのちょん掛け専用ワームとして名高いカスタムリーチもめちゃ釣れます。

独特な形状から生み出されるウネウネした動きは他のワームには無いアクションです。

 

動かし方は、定位置での無限シェイクかスイミングがおすすめ。

無限シェイクはひたすらシェイク。

杭などがあるポイントでやっていると、ふらーっと回ってきた回遊バスが簡単に口を使います。

スイミングは、細かくちょんちょんしながら一定層を引いてきます。

うねうねしながら、ゆっくり巻いてきましょう。

これもよく釣れます。

 

 

③レッグワーム(ゲーリーヤマモト)

 

レッグワームのとても良く釣れます。

イメージ的にはサターンワームに近いイメージですが、サターンワームよりキビキビ動きます。

塩が入っているため、レッグワームに自重があるからでしょう。

フォールが早いため、サターンワームよりも手早くチェックできます。

釣果としては甲乙つけがたい。

正直どっちでも大丈夫。

 

アクションは、サターンワーム同様。

ちょんちょん5秒待ち。

これが最強です。

ただ、もう1つ。

巻いても釣れます。

ゆっくり巻いて、たまに止める。

ゆっくり巻いて、たまに止める。

この止めた時に「コンコン」っていう当たりが入ります。

お試しあれ。

 

 

④HPシャッド(OSP)

 

世界のマシンガンさん曰く、「」と言わしめたワームです。

正直、レッグワームとほぼ同じですw

どっちでも釣れるし、動かし方も同じでOK。

好きなカラーがあるほうを使えばいいと思います。

 

 

⑤フリックシェイク(jackal)

 

ネコリグで有名なフリックシェイク。

実はダウンショットでも大変優秀です。

頭にチョンがけすればフォールで喰わせる釣り。

ちょんちょんして5秒待ちで喰ってきます。

頭にチョンがけで喰わなければ、ワッキー刺しにしましょう。

みみずっぽい動きで頭にチョンがけとは全く違ったアクションをします。

無限シェイクでピンポイントを誘い続けても良し。

ちょんちょん5秒待ちでフォールで喰わせても良し。

①から④で釣れなかった時でも、フリックシェイクでシルエットが変わって釣れるバスもいます。

これで釣れなきゃ、その日は帰りましょうw

 

 

まとめ

 

 

下手っぴでも釣れるダウンショットおすすめワーム5選!はいかがだったでしょうか。

読んでもらって分かったかと思いますが、正直小さいワームか長細いワームなら大体釣れますw

使うワームよりも、動かし方のほうが大事かもしれませんね。

イメージは思ってるよりもゆっくりやること。

早く釣りたいからって放置が少なかったり巻き過ぎちゃったりすると釣れません。

のんびり、池に伸びるラインと波のでも眺めながら、たまに動かすくらいでやってみてください。

大丈夫、下手っぴ代表の私でもよく釣れるからあなたもきっと釣れます。

 

以上。