副業を極めたい金融マンげんのブログ

スロット攻略、ブログ収益化、バス釣り、自宅飯の料理、小説などについて公開しています。

「バス釣り」下手っぴでも釣れるジグヘッドおすすめワーム5選!


スポンサードリンク

ボトムパンピング、シェイク、ミドスト、スイミングなど万能なリグのジグヘッドリグ。

ほぼすべてのワームに合う万能リグだからこそ、ワーム選びに悩む優柔不断君も多いと思います。

そんな方はこの記事を最後まで読みましょう。

この記事でジグヘッド難民の方の悩みを解決します。

 

 

 

 

ジグヘッドの特徴

 

 

まずはジグヘッドの特徴から紹介していきます。

ジグヘッドとは、針の根本に重りがついているリグです。

ワームはその重りを重心にアクションをします。

ので、頭を軸にアクションをします。

一言にジグヘッドと言ってもシンプルなジグヘッド、オフセットタイプのジグヘッド、ブラシガードが付いたジグヘッドなど様々あるものの、アクション自体は同じ動きをします。

そんなジグヘッドリグの良い所や悪い所から紹介していきます。

 

①メリハリ重視

 

針の付け方はノーシンカーと似た付け方になりますが、動きはメリハリ重視です。

重ければ重いほど、キビキビ動きます。

ノーシンカーよりスピーディーなアプローチでリアクション狙いの釣りができるわけですね。

 

 

②糸よれに強い

 

アイが上についているので、巻いてくるときに回転せずに巻いてこれます。

ノーシンカーやテキサスでワームが回転してしまうあのストレス、ジグヘッドにはありません。

ほぼノーシンカーくらいに軽いジグヘッドもあるので、糸よれ対策に使うのもありですね。

 

 

③色々な釣りができる

 

グラブをつければスイミング、ピンテールをつければ喰わせ重視のミドスト、エビ系を付ければリアクション狙いと、色々な釣りができます。

個人的におススメなのはグラブ系。

ノーシンカーより飛ぶし、巻いてきても浮き上がらないので手返しが良い釣りができます。

 

 

ジグヘッドおすすめワーム5選

 

 

では、ジグヘッドにおすすめなワーム5選を紹介していきます。

 

 

①シザーコーム(jackal)

 

まず、シザーコームを紹介します。

シザーコーム自体が大変優秀なワームで、ジグヘッド以外にもテキサス、直リグ、ダウンショット、フリーリグなどなんでもこなす万能系ワーム。

加えてスイミング、放置、ボトムパンピングとアクションもなんでもこなせます。

中でも最強はジグヘッド。

ダウンショットのマス針チョン掛けのようにジグヘッドに頭をチョン掛けして動かすと凄まじい威力を発揮します。

シザーコーム特有の足の自発的な動きで放置してたら喰ってるとか。

スイミングさせても自由度が高いアクションで喰って来たりとか。

シザーコームを使うなら最初に試してほしいリグはジグヘッドですね。

チョン掛けなので根掛かりに注意です。

 

 

②フリックシェイク(jackal)

 

ジャッカルのワームが2つ続けてランクイン。

フリックシェイクもダウンショットでチョン掛けやワッキー掛け、ネコリグなどで万能に使えますが、最強はジグヘッドワッキーでしょう。

軽めのジグヘッドにワッキー掛けして弱めにシェイクするだけで釣れます。

放置もあり。

少し動かして放置してるとラインが走っていきます。

フリックシェイク自体が釣れるワームなのでジグヘッドじゃなくても釣れますが、是非試してほしいリグですね。

 

 

③4インチグラブ(ゲーリーヤマモト)

 

スイミングさせるならこれ。

ゲーリーの4インチグラブでしょう。

あまりの釣れっぷりに人生最初のバスを釣ったワームはこれって方も多いんではないかな。

本当に釣れます。

使い方はシンプルで、投げて巻く。

以上。これで釣れます。

初心者の方には特におすすめ。

他にもシェイクしたり放置したりしても釣れるので、困ったら4インチグラブにジグヘッド付けて投げとけばOK。

 

 

④デスアーダー(deps)

 

デスアーダーもジグヘッドの定番でしょう。

特に優秀なのは春。

軽めのジグヘッドを付けて、ロッドを軽く煽りながらゆっくり引いてきます。

イメージでは中層をゆっくり引いてくる感じ。

いわゆる『ミドスト』って言われる春鉄板アクションですね。

春で中層にたまったバスを釣る主力になるでしょう。

重すぎると動きが早すぎるので、なるべく軽い重さのジグヘッドを使うのがコツです。

 

 

⑤センコー(ゲーリーヤマモト)

 

全ルアーの中で最も釣れると評判のワーム。

定番はノーシンカーのフォールやワッキーですが、実はジグヘッドもめちゃ釣れます。

針のかけ方は普通に頭(太い方)からかけましょう。

で、まずは底まで沈めて放置。

反応が無ければ1回強めにしゃくって、放置。

このアクションの繰り返しで、ジグヘッドによってよりきびきびと洗練されたフォールでバスがリアクションで強制的に喰ってきます。

これ投げたところにバスがいればオールシーズン釣れますが、特に冬に良く釣れます。

寒くて底にたむろってるバスを誘惑するアクションなんでしょう。

冬にバイブレーションで果敢に攻めても釣れない時は是非お試しあれ。

 

 

まとめ

 

 

下手っぴでも釣れるジグヘッドおすすめワーム5選、いかがだったでしょうか。

扱い方が割と簡単でいて良く釣れるジグヘッドリグは季節を問わずに使えるおすすめリグです。

この記事でおすすめした5選のワームで釣りまっくて下さい!

本当に釣れるのか?って?

はい、もちろん。

だって下手っぴな私でも釣れたから。

 

以上。