掛川野池群完全攻略マップ『堤ケ池』

数多くある掛川野池群。

グーグルマップで見てもどこに行ったらいいのかわからない。

だって池の数が多すぎるから。

そんな悩み、よくわかります。

私も昔はそうでした。

でも大丈夫、そんな悩みともここでさよならしていってください。

 

この記事では、菊川市にある野池の堤ケ池を紹介していきます。

 

 

設備

 

 

・駐車場あり

・トイレあり

・おかっぱりポイント多数

・自動販売機あり

 

 

生息生物

 

 

・ヘラブナ

・コイ

・ブラックバス

・ブルーギル

・カメ

 

 

特徴

 

 

掛川市の隣、菊川市にある中規模野池です。

菊川運動公園という公園の真ん中にある池。

同じ敷地に野球場やグラウンド、子供が遊ぶ遊具もあります。

池は歩いて半周できるため、一般の散歩客も多いです。

 

バサーも多いです。

おかっぱりのしやすさや、バスのアベレージサイズが大きめなことなどが人気の理由。

50upの報告も多いです。

 

設備が優秀で、駐車場やトイレは完璧です。

自動販売機もあるため、空腹以外はだいたい対応できます。

コンビニが近くに無いのでおやつは事前に用意しておくべし。

 

ポイント的な特徴は、3つのワンドに分かれています。

堰堤があるワンド、北西のワンド、北東のワンド。

それぞれのワンド毎に特徴が違うので面白いです。

また、夏場はヒシモが池を覆いつくします。

堰堤ワンド以外はヒシモを攻略する釣りになるでしょう。

 

 

主なポイント

 

 

①堰堤ワンド

 

 

堤ケ池最強は堰堤ワンドでしょう。

夏場もヒシモが生えない唯一のポイントです。

水深もこの池では一番深く、まずめ時には季節を問わずベイトやバスが集まります。

取水塔付近は激アツ。

堰堤岸際に集まるベイトを狙うデカバスが待機しています。

私の40upはほとんどがこの堰堤で釣れています。

 

また、西の岸際も要チェック。

草や木がオーバーハング気味になっていて、夏場は岸際にバスが集まります。

虫パターンになったら浮く虫ワームで狙っていきたいところです。

 

堰堤の東側はアウトレットになっていて、ここも要チェック。

確率は低いですが、デカバスが入っていることもあります。

ギルがアウトレット前に集まっている時は、数投投げたいポイントです。

 

 

②北西ワンド

 

 

この池で最も生命感に溢れるポイントで、最も釣果が無いポイントです。

風が吹くと魚が起こす波紋が凄い数になるのに、何を投げても釣れないってことが多いです。

北側岸際はごろた石が敷き詰められているのでダウンショットなどはスタックします。

クランクベイトなどで攻めましょう。

土管もあるので、バスがついていることもあると思います。

 

東側の岸際と対岸にもバスがついています。

対岸ではこのポイントで唯一の釣果があります。

どちらも草があるので投げにくいですが、数投はしておきたいですね。

え?釣果のサイズは?って?

サイズは10cm前後でした。

 

 

③北東ワンド

 

 

東側と足元には葦、対岸にはオーバーハングがある攻め応えがあるポイントです。

特に対岸のオーバーハングは、ほどよい距離とカバーっぷりでキャストの腕を試したくなります。

気持ち良く入るとバイトも期待できます。

気持ち良く入らないと余裕でロストします。

夏場はヒシモの切れ目にバスが回遊しにくる姿が何度も確認できるので、特に夏に攻めたいポイントですね。

 

 

④ヒシモのポケット

 

 

夏場に池の8割を埋めつくすヒシモも好ポイントです。

堰堤のワンド以外はヒシモのジャングルと化します。

8割が好ポイントなのでほとんどどこに投げても釣れるまであります。

特にポケットは激アツ。

フロッグやオフセットのシャッドテールなんかを巻いてきて、ポケットでポーズ取ると水面が爆発します。

ただしなかなか乗らない。

フッキングに自信がある方にはおすすめです。

 

 

まとめ

 

 

掛川野池群完全攻略マップの堤ケ池編、いかがだったでしょうか。

コンビニが近くに無いこと以外は完璧な設備とおかっぱりのしやすさ的にかなり良い野池だと思います。

東名高速道路で菊川インターチェンジのほうが掛川より近い方は一度立ち寄ってみては?

 

 

最後にお願い

 

 

散歩客や子供など、釣り人以外も多く訪れます。

キャストの際は必ず後方を確認してからにしましょう。

また、ゴミがあると釣り禁止のリスクがあります。

特に堰堤に多くの釣りゴミが散見しますが、ゴミは持ち帰ってくれたらみんなが楽しく過ごせる公園になります。

ゴミは持ち帰るくらいの勢いで訪れてくれたら嬉しいです。