副業を極めたい金融マンげんのブログ

宅建持ちの現役金融マンです。バス釣り、スロット攻略、ネットビジネス、資産運用などについて参考になるブログを書いています。

MENU

掛川野池群バス釣り完全攻略マップ『駒形池』


スポンサードリンク

 

 

2020年12月17日、最新更新。

 

 

掛川野池群って野池の数が多過ぎる!

個別の特徴が把握しきれない!

 

 

そんな声、よく聞きます。

わかります。

掛川野池群、数が多いですよね。

 

そんな声に応えるべくこの記事を書きます。

この記事では、掛川野池群で北部にある小規模野池の駒形池について解説します。

参考にしてって下さい。

 

 

 

 

 

 

 

駒形池の2020年冬の水抜

 

 

まず駒形池について書かなきゃいけないことは、水抜です。

 

 

f:id:kougagennosuke:20201217201032j:image

 

 

はい、2020年の冬の写真です。

地元のおっちゃんが「この後全部抜く」って言ってたものの、写真くらいの水量は残ってた模様。

ただ、この水量での最大水深は50cmくらい。

鷺(足とクチバシが長い鳥)が余裕で真ん中に立って魚を獲れるくらいの水深。

極端な減水で酸欠、エサ不足に加えて鷺の攻撃。

魚の数はかなり減ったと思います。 

 

 

 

駒形池の場所

 

 

掛川市の北部に位置します。

Google Mapで言うと、八幡の池の右。

つまり東側です。

バイパス(国道1号線)の西郷ICと千羽ICの間に位置しています。

瓢箪みたいな形してるのが駒形池です。

 

 

駒形池の設備

 

 

駒形池の設備について書いていきます。

 

 

駐車スペース

 

 

駐車スペースはあります。

堰堤まで上がれるので、近隣の住民には迷惑にならないと思います。

堰堤の下にあるスペースは私有地かもしれないので停めないようにしましょう。

また、ゴミ捨て場があり、曜日によってはゴミを捨てに来る住民の方々が集まります。

ごみ捨て場の横のスペースにも車は停めないようにしましょう。

 

 

トイレ

 

 

トイレは無いです。

 

 

周辺施設

 

 

コンビニが近くにあります。

近いとは言え、車で数分かかる距離なので必要なものは先に買ってからのほうがいいかも。

バッセンもあります。

釣りは関係ないけど。

 

 

 

駒形池の生息生物

 

 

・ブラックバス

・ブルーギル

・コイ

・フナ

・ザリガニ

・カニ

 

※水抜前の情報です。

 

 

駒形池のまとめ

 

 

まとめると、水抜でダメになった池、です。

 

駒形池は、筆者が掛川野池群で最も好きだった池です。

おかっぱりスペースは少ないものの、自分が釣ってたら他の人はほとんど帰っていくくらいの狭さなので、逆にプライベート感があります。

水質もほどよく濁っていて、綺麗過ぎず汚過ぎず。

おかっぱりから狙えるポイントにもデカバスが入ってきてました。

 

 


『静岡県バス釣り』掛川野池群の某野池で最高気温を更新した猛暑日に釣行してきたらまさかの。。。?

 

 

 

 

この動画は駒形池です。

過去には49cmのデカバスも上げてて、サイズも良し。

数釣りも楽しめる。

最高じゃないですか?

 

 

水抜前まではね。

 

 

水抜後は全然違う池になってしまいました。

これから増水していったらまた評価がかわるかもしれませんが。

現状では、行くに値しない池。そんな印象です。

今後、増水したらまた更新します。

 

 

最後にお願い

 

 

池が無数にある掛川野池群ですが、釣り禁止になる池も無数にあります。

釣り禁止になる理由は、釣り人のマナー。

絡まったラインやタバコ、ルアーのパッケージなどなど、ゴミが必ず落ちています。

駐車してはいけない所に駐車して住民の迷惑になっている池もあります。

悲しい現実です。

 

逆に自分が近隣住民だったとしましょう。

自宅の近くに釣りのゴミが捨てられてたら、どう思いますか?

自宅の前に路駐されてたら、どうですか?

「この池に釣りしに来る奴、ムカつく。」

私なら、そう思います。

そしてそんな感情の積み重ねで、釣り禁止の池が増えています。

 

このブログを読んで下さったかたは、きっとゴミのポイ捨てなんかしないと思います。

駐車違反もしないと思います。

なんなら、ゴミを拾って帰ってる神レベルだと思います。

 

そうあってほしいと願っています。

 

 

掛川野池群まとめ記事はこちらから。

 

 

 

www.gen-hukugyo.com

 

 

 

おわり。