副業を極めたい金融マンげんのブログ

スロット攻略、ブログ収益化、バス釣り、自宅飯の料理、小説について公開しています。

「バス釣り」下手っぴでも釣れる羽物ルアーおすすめ5選!

羽物で釣ってみたい。

そんな願望がある方は多いんじゃないでしょうか。

朝まずめ、誰よりも早くポイントに入り、羽物で派手なバイトを味わうあの時間は他のルアーでは味わえないモノがあります。

え?どの羽物を使えば良いのかって?

任せろ。

この記事はその悩みを解決する記事です。

 

 

 

 

羽物の動かし方

 

 

ルアーの中でも2本の腕を生やす羽物。

形からして特徴的ですね。

そんな羽物の動かし方から紹介します。

 

 

①ただ巻き

 

まずは王道のただ巻きです。

ただし、ポイントがあります。

ギリギリでクロールアクションをする最遅で巻く。

これです。

 

羽物は、ただ巻きすると水泳のクロールのようなアクションをします。

そのクロールが、早く巻きすぎると溺れてるみたいなアクションになり、遅すぎるとクロールしません。

クロールするには早すぎず遅すぎず。

そのクロールする速度でなるべく遅く巻くのがベストアクションです。

ハードルアーなのにまるでワームのようにネチネチ誘う最遅クロールこそ巻き物最強アクションです。

遅く巻いてもちゃんと動くことが良い巻き物の条件とも言えますね。

 

 

 ②シェイク

 

最強は最遅クロールで間違いないんですが、シェイクも使えます。

レイダウンなどのストラクチャーを最遅クロールで通して出なかった時、シェイクしてみるのもありです。

最遅クロールよりもさらにねちねち誘えます。

コツは、「動いてるか動いてないかわからんくらいで動かす。」です。

トップなので目でアクションが確認できます。

ギリギリで波紋を出すくらいの弱いアクションで誘うと、最遅クロールで出なかったバスが釣れることがあります。

ただ、やる気があるバスは最遅クロールで釣れます。

時間効率を考えたらシェイクするよりポイントを換えたほうが良いかも。

状況で使い分けてください。

 

 

おすすめ羽物5選

 

 

羽物はそんなに数が多いルアーでは無いので選択肢も多くは無いですが、それぞれが優秀(そして値が張る物が多い)ため、買うのに悩むことが多いルアーではないでしょうか。

私的な完全なる独断と偏見で、5つのおススメを紹介していきます。

 

 

①ダッジ(RAID JAPAN)

 

元祖羽物と言ったらダッジでしょう。

動き出しの速さ、クロールの遅さ、デカバス捕獲率の高さと羽物に求める全てを持っている申し分無い逸品です。

人気過ぎて買えない、フリマアプリでプレミアがついているなどの入手すら困難なルアーですが、買えたら間違いなく羽物最強クラスの活躍が期待できます。

悩んだらダッジ、羽物1個目はダッジで良いかもしれません。

 

 

②アイウイング(Megabass)

 

個人的にメガバスが好きっていう贔屓目を考慮すれば、アイウイングもおススメです。

最遅クロールでの動きはダッジよりも横に大きいです。

ただ、ダッジよりも少し早く巻かないとクロールしないです。

私は遅くアピールするよりも大きくアピールしたいときにはアイウイングを使ってます。

正直ダッジでもアイウイングでもどっちでもいいと思うけど。

状況で使い分けて自分のセオリーを作ってください。

 

 

③NZクローラー(deps)

 

 

ダッジ、アイウイングと同じくらいのサイズ感で差別化するならNZクローラーでしょう。

特徴は、ジョイント。

アイウイングもジョイントがありますが、正直ほぼ動かないから無意味です。

NZクローラーのジョイントはがっつり動くので、よりなまめかしく動きます。

ただ、ダッジもアイウイングもNZクローラーも全部が本当に優秀なので、良い意味でどれでも良いと思います。

ブランド、気分、カラー、なにか気に入る点があったものを選んだら良いと思います。

 

 

④ポンパドール(jackal)

 

 

ポンパドールは外せない羽物ですね。

オリジナルも上記3つと同等のアクションをしてくれるので大変優秀です。

が、ポンパドールの強味は小さいサイズのポンパドールJr.があることです。

羽物は1オンスある大きいものが多いので、ポンパJr.でないと釣れないバスがいます。

特に威力を発揮するのは野池。

ベイトのサイズが小さいときに羽物で誘いたいときはポンパJr.一択ではないでしょうか。

 

 

⑤クレイジークローラー(へドン)

 

 

褒め言葉として、「気が利かない羽物」は、クレイジークローラーでしょう。

アメリカのブランドらしく、重心移動システムなんかついていません。

クロールも結構早く巻かないと動いてくれません。

作りにもムラがあって、新品を使っても1個1個のアクションが違ったりします。作りが適当なんですね。

でも、なんかカワイイwっていうのがクレイジークローラーです。

 

あとは、安いです。

お高くてなかなか手が出ない羽物のデビューにはクレイジークローラーがいいかもしれませんね。

実際に結構釣れますし。

 

 

まとめ

 

 

下手っぴでも釣れる羽物ルアー5選、いかがだったでしょうか。

まとめとして、1つだけ。

 

羽物はマジで楽しい。

 

※釣れるとは言っていない。

下手っぴの私でも釣れたことがあるので、安心して使ってみてくださいな。

数は釣れないけど。 

これで締めたいと思います。

アクションは見ていて楽しい。し、かわいい。

それでいてデカバスがよく釣れる。

中毒になると巻いているだけでデカバスがバイトしてくる錯覚が見える。

そんな魅力が羽物にはあります。

まずめ時にワンチャン夢を見るなら羽物が最強。

 

以上。