副業を極めたい金融マンげんのブログ

スロット攻略、ブログ収益化、バス釣り、自宅飯の料理、小説について公開しています。

「バス釣り」下手っぴでも釣れるテキサスリグにおすすめのワーム5選!

ボトムに凄まじい数のレイダウンがあるポイント。

ウィードが絡まりまくるポイント。

大きな岩がランダムに沈みまくってるポイント。

そんな根掛かり率が激高のポイントを攻めたいとき、強い味方がテキサスリグですね。

オフセットフックの頭に弾丸みたいな形のシンカーを付けるリグです。

オフセットフックがそもそも回避性能に長けている上に、とんがってるシンカーが数々のストラクチャーを回避するテキサスリグ。

混みあってるストラクチャーを攻めれるテキサスリグは、すなわち最強のリグの一つですね。

前置き長ぇよ。で?なにつけたらいいの?って疑問を持ってる方、多いんじゃないでしょうか。

 

任せろ。

 

この記事でそんな疑問は解決です。

使用用途別にまとめますので読んでいってくださいな。

 

 

 

 

①ファイボス(jackal)

 

 

まず紹介していくワームはジャッカルのファイボスですね。

個人的には3インチがおすすめ。

形がボリューミーなので3インチでも50cm近いバスが食ってきます。

甲殻類系なので、バスがエビとかザリガニとか食ってそうなときに有効です。

 

甲殻類系のワームはズル引きかリアクションの釣りに有効です。

ズル引きするなら岸際が効果的だと思います。

堰堤岸際とかにザリガニがついていたりしたら特にチャンス。

これでもかっていうくらいゆっくりズル引きましょう。

たまに早く動かしてみたらより甲殻アピールができて良いかも。

リアクションを狙うなら混みあってるストラクチャーを狙ったほうが効果的です。

レイダウン、ウィード、岩エリアなんかの他のルアーじゃ怖くて投げれないレベルで引っ掛かりそうな場所なら狙い目です。

そんなストラクチャーの底についているバスの目の前に落として、リアクションバイト一撃必殺で仕留めましょう。

 

 

②ドライブクロー(OSP)

 

甲殻類系からもう1つ。

OSPのドライブクローです。

ファイボスよりもよりザリガニっぽく作られたワームです。

ドライブクローの優れた点は、自発的なアクションが秀逸です。

一級ポイントにキャストが決まったら、後は水の流れで勝手に動くので放置で釣れます。

 

 

③シザーコーム(jackal)

 

シザーコームも大変優秀なワームです。

役割としては甲殻類系でありながらスイミングさせれば小魚系にもなる万能型です。

霞ヶ浦での白魚パターンは有名ですね。

またドライブクローのように自発的なアクションにも優れているため、放置でも釣れます。

 

ジグヘッドリグでの使用がメインとなるワームなので、根掛かりするようなポイントではテキサスを使いましょう。

特にレイダウンがボトムで混みあってるようなポイントはチャンスです。

ど真ん中にブチ込み、放置しましょう。

ボトムに落ちた瞬間はリアクションバイトを誘い、放置しててもバスを誘い続けます。

ただし、バスが食ってきて、合わせた瞬間に根掛かりに変わることもあるのでご愛敬。

ウィードが濃いポイントをスイミングさせたいときも有効です。

多少は引っ掛かるものの、ジグヘッドよりは快適に巻いてこれます。

少し引っ掛かって、抜けた瞬間がリアクションバイトを誘って1番よく釣れます。

ウィードの根本まで落とし込めるので、他のルアーではアプローチ出来ないポイントを攻めることも出来ます。

 

まぁ、とにかくおすすめです。

 

 

④ブルフラット(deps)

 

ギル系にもワームではブルフラットが最強でしょう。

個人的には4インチがおすすめ。

空気抵抗が強いですが、テキサスの強みを生かしてストラクチャーのど真ん中を狙うなら4インチで強くアピールしたいからです。

別の人気サイズである3インチはヘビキャロで使います。

 

ブルフラットは葦際や岩エリアなどに使います。

ギルをイメージして、少し動かしたら放置、少し動かしたら放置を繰り返しましょう。

スイミングさせるよりは放置の時間を作った方が釣れるイメージです。

 

 

⑤アンモナイトシャッド(jackal)

 

スイミング特化の使い方ならシャッドテール系もおすすめ。

中でもアンモナイトシャッドは秀逸です。

 

軽めのライトテキサスにして、ペグ止めせずにシンカーをフリーで動くようにするセッティングがおすすめです。

ストラクチャー回避能力良し、スキッピング性能良しとオーバーハングを攻めろと言わんばかりの性能です。

アンモナイトシャッド自体が重いため、軽めのシンカーでも十分沈むので、底を巻きたいときに使います。

浅目を攻めたいときはノーシンカーで。

 

テキサスの性能を生かしてストラクチャー周りを攻めたいですが、オープンエリアでも釣れます。

もちろんウィードのスイミングなんかは大得意。

テキサスリグでとにかく巻きたいって時は最強です。

 

 

まとめ

 

下手っぴでも釣れるテキサスリグにおすすめなワーム5選、いかがだったでしょうか。

直リグやフリーリグに押されて最近では下火気味のテキサスリグですが、私的にはまだまだメインとなるリグです。

と言うのも、私の釣果ではデカバス捕獲率No.1リグだからです。

特にファイボスとシザーコームは50cmクラスがよく釣れるのでお気に入り。

ヘビーカバーを見つけたら試してみてはいかが?

 

下手っぴな私でも釣れたのできっと誰でも釣れますよw