副業を極めたい金融マンげんのブログ

スロット攻略、ブログ収益化、バス釣り、自宅飯の料理、小説について公開しています。

「バス釣り」下手っぴでも釣れるシャッドテールワームおすすめ5選!

春や秋、巻きたいですよね。

ハードプラグ使いたいけど、高くてロストが怖いって方、朗報です。

この記事ではワーム界で巻物最強、シャッドテール系ワームのおすすめを紹介します。

どのシャッドテール系を買おうか悩んでる方、この記事を読めばお悩み解決必至です。

最後まで読んでってください。

 

 

 

 

 

おすすめリグ

 

 

ワームの紹介の前にまずはシャッドテール系を使う場合のおすすめなリグを紹介していきます。

 

 

①ノーシンカー

 

定番のノーシンカーですね。

基本的にシャローを攻めるときに有効です。

投げて、狙いたい水深まで落ちたら巻くだけです。

フリーフォール中でも食ってくるので要注意。

ただし、沈むスピードは遅め。

早めに巻いて水面を引き波たてながら巻いても良し、浅めをゆっくり巻いても良し。

ノーシンカーらしいナチュラルなアクションで誘いましょう。

 

 

②ウェイテッドリグ

 

オフセットフックの真ん中に重りを付けて重心を安定させるリグです。

ノーシンカーだとくるくる回ってしまうときに有効で、スイミング姿勢が安定します。

重りがある分ノーシンカーより飛ぶのと、早く巻いても浮き上がらないので深い層を手早くチェックできます。

ノーシンカーよりもスピーディーに探りたいときにもウェイテッドリグは有効です。

 

 

③テキサスリグ

 

軽めのテキサスシンカーをつけるライトテキサスもシャッドテールと相性が良いです。

ウェイテッドリグよりもストラクチャーの回避性能が高いです。

また、重心が頭にあるので頭から沈んでいきます。

ストラクチャーをタイトに攻めるときに有効です。

ウィードのど真ん中とかをガンガン攻める時には最適です。

 

 

シャッドテールおすすめワーム5選!

 

 

お待たせしました。

ここからはシャッドテールでおすすめなワームを紹介します。

群雄割拠のシャッドテールワーム。

優秀なワームが多いため5つまで絞るのはかなり難しかったです。

正直どれ使ってもよく釣れるのでどれでもいい安心して使ってください。

 

 

①リズムウエーブ(jackal)

 

まずはジャッカルのリズムウェーブから。

強いウォブリングアクションで高いアピール力を持っているワームです。

ゆっくり巻いてもしっかり動くので、色々なシチュエーションで釣れます。

おすすめはノーシンカーでゆっくり巻く使い方。

ちんたらしてるのにブルブル動くリズムウェーブのアクションにはデカバスも思わず口を使うでしょう。

特に杭や葦際をタイトに攻めるとよく釣れるイメージです。

杭を通り過ぎた瞬間、葦際のポケットを通り過ぎた瞬間は。。。ピリピリもんですw    

 

 

②アンモナイトシャッド(jackal)

 

ジャッカルのワームが立て続けに登場です。

PEチョッパーにスコーンリグで使うのが余りにも有名なアンモナイトシャッド。

シャッドテール単体でも優秀です。

特におすすめな使い方はウェイテッドリグ。

同じように巻いても起こる不規則な動きが魅力的で、毎アクションごとで尻尾の動きも体の動きも変わります。

その不規則さにデカバスもリアクションで食ってくるのか、オープンエリアでもよく釣れます。

特にまずめ時のボイルしまくってる時には適当に投げて巻くだけで釣れるのでありがたいですね。

 

 

③バリキシャッド(GUN KRAFT)

 

バリキシャッドは特徴的なシャッドテールです。

まずアクションは、ボディはあまり動かず、頭を少し振るくらいのアクション。

しかし尻尾はよく動きます。

で、尻尾にネイルシンカーやラトルを入れる場所があり、ネイルを入れればより大きな尻尾のアクションを、ラトルを入れれば音を出すことでよりアピール力を高めます。

個人的にはラトルがおすすめ。

濁ったり波が凄いような荒れたシチュエーションで白系のカラーをラトル入れて使うと、他のシャッドテールではアピールしきれないバスが釣れます。

特に春と秋には必ずボックスに入れておくべきですね。

 

 

④ドライブシャッド(OSP)

 

「自発的なアクション」が売りのOSPのドライブシリーズ。

シャッドテールでもその自発的なアクションは健在です。

軽いリグではフォールで尻尾が動かないワームが多い中、ドライブシャッドはしっかり動くのが特徴です。

そのため、ノーシンカーでの使用がおすすめです。

フォールさせてよし、バジング(水面を尻尾で引き波たてながらバズベイトみたいに使う)させて良し。

個人的にはバジングしてたまにフォールさせてっていう「弱ってるアピールアクション」でよく使います。

もちろんウェイテッドリグでのスイミングでもいい動きをします。

 

デメリットは素材の弱さ。

結構すぐにちぎれます。

コスパを犠牲にしてでも1匹釣りたいときにおすすめです。

 

 

⑤ハートテール(ゲーリーヤマモト)

 

ワーム界の帝王、ゲーリーが作るシャッドテールのハートテールもおすすめです。

ゲーリー特有の「ゲーリーマテリアル」でよく飛びます。

ノーシンカーでも十分飛び、フォールもほどよい速さで落ちるのでノーシンカーがおすすめです。

ハートテールもやっぱり投げて巻くだけ。

フォールでも良し。

良く釣れます。

 

 

まとめ

 

 

他にも優秀なシャッドテールは多くあります。

どれでも釣れるからつまらんお気に入りの1つを見つけるのが楽しいワームですね。

ワームで巻いてデカバスを狙うならシャッドテール。

中でも上記のワームを使えば、最速でデカバスに出会えるでしょう。

 

ちなみに下手っぴ代表の私はアンモナイトシャッドをおすすめします。