副業を極めたい金融マンげんのブログ

宅建持ちの現役金融マンです。バス釣り、スロット攻略、ネットビジネス、資産運用などについて参考になるブログを書いています。

MENU

減水して厳しい池の攻略法『バス釣りライフ』8月23日(金)、8月24日(土)


スポンサードリンク

おはこんばんちは、弦之助です。

最近、ほんのり秋の雰囲気がありますね。
朝晩は涼しいですし、日も短い。

秋の釣りは難しい。
異論は認めない。

8月23日(金)


いつもの池のいつもの堰堤。
先行者3名。
どうやらお連れさんみたいですが、それにしても人口密度高いです。
打ちたかった取水塔も取られてます。
堰堤岸際も隣が近くて投げ辛い。
ってことで、オーバーハング下のロックエリアで気合いで釣ります!


釣れませんでした(小声)

さすがに同じとこで1時間釣りしても釣れませんね。
やっぱランガンしないと。

8月24日(土)


いつもの池の堰堤。。。
の手前側は先行者がいるので、奥から行きます。
減水し過ぎてヤバいです。
地獄のレイダウンが完全に陸地になってます。

ので、まずは取水塔。
反応無し。

堰堤岸際。
反応無し。

おいこれヤバくないか。
ギルはいるんだけど、ギルすらノーリアクション。
既に叩かれた後なのかな?

先行者がいなくなったので、堰堤岸際を攻めながら移動していきます。

岸際。
反応無し。
ちょい沖。
反応無し。
進んで岸際。
反応無し。
ちょい沖。
反応無し。

ノーバイトで反対側着いちゃったよw


じゃオーバーハングのしたのロックエリアを攻めます。
反応無し。

オワタ。
もう攻めるところありません。
仕方ない、堰堤もう1往復するか。

今度は逆向きで堰堤岸際を攻めます。



やっっときた!
岸際でギルを追っかけ回してたっぽい感じだったので、タックルをコイツに変えたら1発でした。



ドライブなんとかの弦之助式ダウンショットです。
OSPのワームはマジで釣れる。
異論は認めない。


戻ってちょっと沖気味に、新リグ投入。
名付けてスイム弦之助ジグ。
スモラバに4インチのグラブ付けるという、よくあるスイムジグを一口サイズにしてみました。
って言う誰も思いつかなかったリグです。
巻いて良し、沈めて良し。
この爆釣リグを真似したかったらお気に入り登録よろしく!



こんな感じです。
今日は沖のギル集団を追っかけ回すバスの通り道にミドストっぽく。

チャポン
ちょっとフォール
巻き巻き
ちょっとフォール
巻き巻

グン!



当たりの割に小さいw
けど、あざす!


で、また堰堤岸際をOSPのダウンショットで攻めます。


チャポン。
フォール。
コンコン。

コンコン。

グン!



あざす!
時間なのか、岸際の反応が明らかに変わりましたね。
なるほど、これが夕まずめって奴か。


今日は以上です。
減水したら夕まずめに岸際。
動きのイメージは弱った小魚。
うん、これですね。

次回もお楽しみ。