副業を極めたい金融マンげんのブログ

宅建持ちの現役金融マンです。バス釣り、スロット攻略、ネットビジネス、資産運用などについて参考になるブログを書いています。

MENU

厳しい季節の攻略法『バス釣りライフ』8月16日(金)


スポンサードリンク

おはこんばんちは、弦之助です。

台風が過ぎ、全国的に高気圧。
加えて夏。
そして強風。
釣りにくい!

いや、風はいいんですよ。
程々ならね。
むしろ無風より風があった方が釣れる。
ほかの要因ですよ、問題は。
今日は厳しかった。

いつもの池の堰堤攻め


今日は連れと釣りです。

私はエビ系のテキサス。
連れはゲーリー4インチグラブのオフセットジグヘッドで行きます。

まず連れに当たりが。
堰堤からちょっと沖気味に投げて、少し巻いて放置、少し巻いて放置のアクションでキタそうです。
乗らず。

続いて私。
岸際のオーバーハングで、ボトムで放置してると、グググン!とちょっと強めの当たり。
乗らず。

その後も連れの方にはコンスタントに当たりが来ますが、乗らない。
丸呑みって当たりじゃなく、つついてくるくらいの当たりばかりだったそうです。

堰堤反対側


反対側に移動し、地獄のレイダウン他取水塔などのポイントを攻めます。

まず、私。
取水塔、堰堤岸際、地獄のレイダウン、全て当たり無し。

で、連れ。
4インチグラブで広範囲に探ります。
風が当たってたので巻物ワンチャン。
アクションは、先ほどと同じく少し巻いて放置。

着水。
巻き巻き。
放置。
巻き巻き。
放置。
巻き巻き。
放置。
巻き巻き。
放ch。。。

バチャバチャ!

釣れてる!!
が、足元でバレたw
もったいねぇ!!

選ばれたのはヤマモトでした。


釣り上げは出来ませんでしたが、魚の姿を見れたのはこの連れの当たりだけでした。
風、すなわち巻物。
とは言え、当たりが浅い。
乗るまではかなり送らないと乗らないんではないでしょうか。
つまり。

ヤマモトでしっかり送ったら釣れる!

攻略法はこれで、明日以降にまたチャレンジです。


次回もお楽しみに。